HOME>特集>どうせなるならばその施設のトップの座を狙おう

幼稚園、保育園に勤務した事はありますか

短大などで保育士の資格を取得して、幼稚園や保育園で働かれている方は大勢いらっしゃいます。働く女性が増えて、お子さんを幼稚園や保育園に預ける親御さんは沢山いらっしゃいます。このニーズにこたえて、今や沢山の幼稚園、保育園がオープンしています。もしあなたが資格を持ち、それなりの経験を積み、この道でずっとやっていきたい、とお考えならば、保育士さんから園長さんに転職してみようとは思いませんか。求人多です。

私に務まるか、という不安は無用

ずっと保育士さんとして働いてきて、ノウハウもわかり、親御さんをはじめ、お子さんとの接し方にも慣れてきているならば、是非次のステップアップは園長、となるのではないでしょうか。このポジションも他業種同様に、転職情報がでていたり、求人広告がでていたりします。ただ親御さんの目にふれると気になさる親御さんも多いので大体は隠密にリクルーターなどが仲介して、求人していたり、ヘッドハンティングしてくる事が多いです。もしあなたが次のステップアップを考えているならば、是非求人情報を頻繁にチェックして、タイムリーな情報を常にゲットしておく事が大切です。良い仕事はすぐ埋まってしまいます。

いつでもすぐに活動できるようにしておこう

保育園や幼稚園の中で、園長といえば、会社の中の社長と同じようなものです。沢山の責任や判断力が要求されるポジションです。しかしそれだけに、保育のご経験があるならば、折角ですからトップの座を狙うのがよろしいでしょう。いち早くよいポジションの求人情報を得るにはまずは日ごろからリクルーターなどにも予め声をかけておくことが大切です。さあ、頑張って今から活動しましょう。